ハスラー 値引き

スズキ・ハスラーの値引きで大切なこと(体験レポ)

ハスラーの値引きの為には、私の経験も踏まえ、この2つだけは忘れずにやっておきましょう。
間違いなくハスラー値引きの為にプラスになることはあっても、マイナスになることはありませんので( ̄ー ̄)bグッ!

 

まずはWEB見積もりを取っておく

これについては、最初から大幅な値引きを望むのではなく、ハスラーの値引き相場を把握する為でもあります。
なにひとつ知らずにスズキディーラーに足を運んでも、出された値引き金額が良いのか悪いのかさえ分かりません。
営業担当の口に丸め込まれる危険も。。。
ホント知らないって、怖いことです。。。

 

それに、事前に取ったWEB見積もりをディーラーに持ち込む事で、営業担当のお客さんに対する見方も事前の備えをする『しっかりさん』となります。
また購入する意思の高さも伝わります。
そのしっかりさんをライバル会社へ向かわせない為にも、値引き交渉に積極的になってもらえます。

 

なによりWEB見積りの会社も1枚の見積書だけでお客さんを引き付けたいわけなので、意外にも大きな値引き金額が出ることもあります!

 

そしてディーラーにその見積書を持参しても、そこからハスラーの値引き交渉がスタートできるのですから、値引き交渉が不得意な人でもスマートな交渉ができますよね。

 

これが無料なんですから、使わないともったいないです。

 

 

 補足 ちなみにハスラーの見積もり登録の時、最初に郵便番号を入れるのですが、そのエリアで対象店舗がないと次に進めません。
私の時もそうでしたので隣町の郵便番号を入れて見積もりを取りました。(もちろん実際に買いに行ける距離の範囲で)
私の場合は、最終的にそのWEB見積もりをしてくれたところが1番値引きが良かったので、そこでハスラーを買いました。
最初のWEB見積もりよりさらに割引きしてくれました^^。

 

 

 

 

次に一括査定で下取り車の買取値を最大に引き出す

これはハスラー自体の値引きというより、ハスラーの購入費用を下げる為ですが効果は絶大です。
下取り車のある方は、必須です。
『車の買取一括査定』です。

 

実際の話で言うと、
私は前にスズキのエブリーに乗っていました。
ハスラーに買い換える時に、ディーラーでの下取りだと22万円と言われました。
ついでに買取業者のガリバーに持って行くと、少しだけ良くなって26万円の買取値をつけてもらえました。

 

その後、軽い心持ちではあったんですが、この『車の買取一括査定』をやってみたら、最後には、43万2千円の買取価格になったわけです。
正直なところ自分でもビックリでした!!Σ(゚д゚lll)

 

どんなことも競り合わせることが大切なんですね。
こういった『車の買取一括査定』は、自然と買取業者同士を競い合わせるスタイルなので、勝手に競合する状態になっているわけです。

 

WEBでのわずか2・3分の手間で、20万円以上も得したのですから、もしディーラーの下取り価格で出していたらと考えたら、恐ろしいです(゚д゚lll)。
やっぱり、知らないって怖いですよね。

 

これも無料ですから、使わないともったいないです。
ほんと必須です。

 

ちなみに私のエブリーに1番の高値を付けてくれた業者は聞いたこともないような小さな会社でした。
どうやらガリバーさんなどの大手がよくする業者オークションに流すのではなく、自社販売ルートで行くとのことでした。
それもあって、高値を付けられたそうです。

 

あと車の一括査定っていくつもありますが、この次世代型が私の使った『車の買取一括査定』で、1番の高値をつけてくれた業者が見つかりました。
下取り額を少しでも上げたい方は、活用しておきたいところです。
もちろん無料です。
(ちなみにここは、その場で買取の概算価格が出ますので、まだ売るか分かんないけど、ちょっと愛車の買取額をチェックするってのもありです。)

 

 

 

ハスラー6台

 

 

 

 

2016年現在、ハスラーの値引き情報

「遊べる軽」をキャッチコピーとし2014年に新登場したスズキ・ハスラー。
ボディーカラーも実に豊富に用意されており、遊び心満載なこの車は瞬く間に人気の軽自動車となり「軽SUV」というジャンルの盛り上げ役ともなっています。
そんな人気のハスラーですが、現状値引きの方はどのようになっているのでしょうか。
今回は、ハスラーの値引き情報などについてお伝えしていきます。

 

ハスラーの人気グレードは!?

ハスラーのグレードは大きく分けて「A」「G」「X」の3種類となり、その中で2WDや4WDそしてターボなどが選べます。
ではまずこの車の新車価格を把握しておきましょう。
・【A】/新車販売価格:107〜119万円で、選択できる項目は「5MT・CVT」、「2WD・4WD」
・【G】/新車販売価格:115〜150万円で、選択できる項目は「5MT・CVT」、「2WD・4WD」、「ターボ」
・【X】/新車販売価格:140〜166万円で、選択できる項目は「2WD・4WD」
ハスラーはこのような価格設定となり、最廉価グレードは「A」で価格的にはお手頃です。ただ、選べるボディカラーが少なくさらに地味です。
また、「レーダーブレーキサポート」や「エマージェンシストップシグナル」などの安全装備も搭載されていないので、
価格が最優先だ!という方以外はこちらのグレードを選ぶ人はあまりいません。

 

では人気のグレードはどれか?といことですが、人気となるのは「G」になります。
Gグレードはハスラーの魅力のひとつでもあるボディカラーが全て選択できるようになる他、ツートンカラーも選べるようになります。
さらに5MTやCVT、またターボなども選べ、安全装備はもちろんのこと、Sエネチャージも搭載されるようになるので燃費性能も向上します。
カラー選択も豊富で安全性や走行性も高く、価格も120万円前後とハスラーの中では中間レベルですからやはり一番人気です。
ですので、もしハスラーを購入するのであれば「G」がオススメのグレードです。

 

 

ハスラーの値引きに適した交渉時期

では、この車の人気グレードが分かったところで値引きについてお伝えしていきます。
まず、値引き交渉を行うにあたり最も重要なのが「交渉する時期」だと言われています。
いくら上手に交渉が出来たとしても、売る側が値引きする時期でなければ殆ど意味がありません。
そこで、これから年間と通して最も値引き額が大きくなる時期をお伝えしておきますので、参考に。

 

ディーラーには「1月〜3月の年度末決算期」、「6月7月のボーナス期」、「8月お盆明け〜9月の中間決算期」、「12月のボーナス・年末商戦」
というように決算期が定められており、これらの時期になると大幅な値引き額が期待できます。
そのなかでも値引き額が大きくなるのとされているのが「2、3、9月」です。
この時期は一台でも多く販売したい、いや販売しなければならないという状態が殆どですから、狙いはこの「2、3、9月」です。
是非このような最適な時期を見計らって、ハスラーを大幅な値引き額で購入しましょう。

 

 

ハスラーの競合車は!?

値引き交渉にはライバル車との競合が必要不可欠となります。まずはハスラーのライバル車がどの車なのかを把握しておきましょう。
この車のライバル車として挙げられるのは、「ダイハツ・キャスト」「ホンダ・NBOXスラッシュ」「マツダ・フレアクロスオーバー」です。
ライバル車を事前にピックアップし、「ハスラーか、どれにするかで迷っている」という状況下で交渉を進めていくと値引きも有効です。
さらにライバル車を厳選すると、「マツダ・フレアクロスオーバー」が最も有効です。
フレアクロスオーバーはハスラーのOEMですので車自体ほぼ同じです。また、ハスラーと比べると不利なのはマツダも承知しているので、
マツダは「価格で差をつけるしかない」ということで値引きが大きくなりやすいのです。そういったOEM車であるということを上手く利用し交渉を進めるのもひとつの方法です。
ただ、値引き交渉というのは難しい部分もあり、いきなり現実的ではない金額を言ってしまうと、それほど詳しくないと思われ足もとを見られます。
2016年現在のハスラーの値引き額の平均は10万円前後です。ですので、車両本体価格のみで11万円以上の値引き額が出れば上出来です。
このように、しっかり値引き相場の現状を知ったうえで交渉を進めるようにしましょう。

 

 

ハスラーの値引き以外にも、自分でできることは自分でやる

値引き交渉以外にも下取り車がある場合、その下取り車を高く出す事が出来ればその分安く買う事が出来ます。
しかしながらディーラーの下取りというのは「値引き交渉で煮詰まった時の調整」として10万円程安く提示する場合があります。
これはどういうことかと言いますと、交渉中これ以上値引き出来ないというときに下取り車の査定額をアップさせて値引き額を大きく見せる為のテクニックです。
ですので、予め下取り車の査定額を低めに提示している場合があるので、必ず自分で愛車の買取相場を調べておきましょう。
今はインターネットを使用して一括査定がおこなえる時代です。そういうツールを使って事前に査定額を出すことが重要です。
事前に愛車の買取相場を知っていれば、下取りで提示してきた金額が妥当かどうかの判断がつきやすくなりますし、下取り額がアップされる可能もあります。
ただお店に行って値引き交渉をするのではなく、事前に自分でやれることは全てやるようにしましょう。

 

 

スズキ ハスラーの評価!

この車をご存知の方も多いのではないでしょうか?実際に私も、最近よく見かけます。
まさに今の流行最先端の車といったところでしょうか。
カラータイプ豊富で、デザインも可愛らしいです。

 

車道で見かけると、ちょっと目を引くものがありますね。
ハスラーを乗っている時点で車にこだわりがあるのかな、と感じるくらいには個性的かもしれません。
カラーやデザインの外観でいえば、保守的な方は敬遠されるかもしれないですね。
それくらい最先端、前衛的なデザインです。

 

これからはこういったデザインが主流になるかもしれませんね。
女性も扱いやすいのでしょうか。
よく女性が運転しているのを見かけます。
オレンジやピンクなど、夜間でも目立つので良いカラーですね!しかも、今までに無い色合いです。
今までの保守的なものに飽きた方は好きだと思います。

 

日常からレジャーまでと謳っているだけあり、確かに幅広く活躍するタイプの車だといえます。
乗ったことがありますが、車内はコンパクトな車体から想像できない、ゆったりとした乗り心地です。

 

特に造りがガッチリしているので守られている感がありますね。
女性でも安心して運転できる理由かもしれません。
ファミリー向けと言われても納得しますし、汎用性が高いと思います。

 

この車、乗り心地だけでなく、快適空間を作り出す工夫が様々なされています。
私が良いなぁと思ったのはガラスにUVカット機能があることです。
私はUVシートを車に貼っているので、その手間がないのは羨ましいです。
地味に運転中の日焼けが一番無防備で嫌なので、この点は羨ましいの一言に尽きます。

 

シートも座り心地が良くて、足もゆったり伸ばせる!乗った感じは良しですね。
と来れば次に気になるのは外観から分からない安全性能かしら。

 

この車はCMなどでお馴染みレーダーブレーキサポート搭載です。
この装置は万一の前方不注意による衝突を避け、自動的にブレーキをかけてくれるものです。
実際にこのような装置が作動しないことが一番望ましいですが、万一のためにあると安心ですね。

 

他にも急ブレーキをかけた際にブレーキランプが高速で点滅して後続車への合図になるエマージェンシーストップシグナル搭載です。
これは感心しました。
前の車がブレーキかけるタイミングが遅いと後続車もヒヤリとすることがありますよね。
ブレーキランプは後続車にとって合図の一つです。
ヒヤリハッとを減らせると思います。

 

以上のことからスズキのハスラーは安全装置がしっかりと詰め込まれている車だと評価できます。
デザインだけでなく、そういった点でも流行最先端ですね。
買い換えなら是非、新しい機能やデザインがある車にしたいところ。

 

安全性能クリア、乗り心地クリア、あとはデザインやカラーの好みですね。
私は見ていて目立つカッコイイ車だと思います。
そういった意味でもスズキのハスラーをオススメします。

 

 

ハスラーを値引いてもらうからこそおねだり

スズキ・ハスラーの納品が決定すると、ディーラの営業マンは大喜びです。
しかし、買い手である消費者にとっては、少しでも安く買いたいものです。
基本的に車本体の値段は、安くなりませんが、オプションの値段はある程度下げることができます。

 

私は、ハスラーの購入を決めてから重要視することは、ディーラオプションです。
ディーラオプションを一目散にチェックし、その次に単品オプションをチェックします。
そして、自分自身にとって必要か不必要かを判断します。
オプションは、納車されてからずっと付き合っていくものなので、しっかり雑誌やネットで調べたり、周囲の車に詳しい人に話を聞いたりしながらオプションの可否を見分けることが大切だと思います。
不必要なオプションは、外してもらいそこで値段の交渉もします。
また、それぞれのディーラさんで同じようなオプションでも大幅に値段が違うことも時々あります。
私は、購入先のディーラさんには申し訳ないけれど、良かった他社のディーラさんの話を出しながら、本格的な値段交渉をします。
他社と比較すると頭をいたくされることもありますが、同じ業界なので比較されるのも仕方がないのではと思います。
家電量販店のように、毎日のように激しく低価格の値段で競争しているわけではないので、比較されることや他社の情報をあまり重要に感じていないなと思うことがあります。

 

オプション以外で、値引きをしてもらうにはディーラとの付き合いの年数や普段の整備点検の有無にも関わってくるようです。
同一のディーラで乗り替えのためにハスラーを購入するときは、結構重要視されているようでした。
私自身、3年間乗ったハスラーから別のハスラーに乗り替えるときに言われました。
私の場合は、保険もディーラさん仲介で、整備点検は全てディーラさんで依頼し年に五回ぐらいは往き来いしていました。
そのこともあり、再度同じディーラさんでハスラーを購入するときは今までにない割り引きをしていただきました。

 

購入を決めてから、即座にいくら値引きができるかと質問したこともありました。
その時は、予想外の低値引きでビックリしてしまいました。

 

ハスラーの購入を決めたら、まずはパンフレットやカタログのオプションをしっかり調べることです。
そして、購入までに何度かディーラさんへ足を運び試乗してみることをお薦めします。
ディーラさんとの関係を少しでも深めてから購入の商談を行い、値引き交渉をするのが順序として良いと思います。
購入後や同社の車の購入前も、何度かディーラへ通い情報を入手することも大切です。
それが後々、ハスラーを購入際の値引きに繋がることもあります。
少し面倒かもしれませんが、高価な買い物をするので、値引きに繋がると考えれば苦ではないと思います。
時々、ディーラさんへ顔を出すことで、ディーラの営業マンや整備士さんにも印象が残ります。
ハスラー購入の時や整備点検の時など、値引き全てはディーラさん全体でバックアップしてくれるはずです。

更新履歴